福岡→関東

《サマパラ2018》福岡→東京 ジャニヲタ遠征記録 @東京ドームシティホール

オタクの最大の楽しみといえば、コンサート!

 

東京ドームシティホールで現場が決まったけど、どこのホテルがいいんだろう…と悩んでいませんか?

 

この記事では、楽天カードをフル活用したオタクの遠征記録 Summer Paradise 2018 @東京ドームシティホール を紹介します。

この記事を読んでわかること

  • オタクの遠征費用
  • TDCに行きやすいホテルの実際の感想

 

Summer Paradise 2018  8/10~8/12 遠征記録 概要

初めてのTDC。

EX卒業~!椅子があるうれしい~!という想いで参加した、思い出のサマパラ2018 @TDC。

 

私の基本的な遠征スタンスです。

遠征スタンス

  • (パターン①)一人行動→現地で友達と合流
  • (パターン②)空港で友達と合流→一緒に泊まる
  • (パターン③)1日目はパターン②、2日目はパターン①(逆もしかり)

一人で行くこともあれば、友達と行くこともあるし、その両方の時もある…という、ハイブリッド型です(?)

 

サマパラ2018(8/10~12 計3日間)でかかった費用は、46830円

お盆真っ只中ということもあり、航空券・宿泊費どちらも高かったです。

交通手段:飛行機 福岡~羽田間 35980円(往復)【お盆 繁忙期】

 

行き:16990円

帰り:18990円

総額:35980円

 

大好きなスターフライヤー。

そら旅~のおかげで、お盆期間でも費用を抑えることができました!

 

それでも、3万5千円はかかるので、痛い出費です(泣)

スターフライヤーについて

 

スターフライヤーのいいところは、この2つです。

  1. リーズナブルなのにシートがゆったり・ふかふか
  2. お盆真っ只中でもカウンターが混み合わない

 

安い価格でシートがゆったり・ふかふかなのは、スターフライヤーの醍醐味といっても過言ではありません!

成田空港ではなく、羽田空港というところもオタク遠征としてポイントが高いところ。

 

スターフライヤーのカウンターは、がら空き

 

また、お盆真っ只中でもカウンターが混み合っていません。

 

スターフライヤーのカウンター(福岡行き)は、羽田空港第1ターミナルのいっちばん左端にあります。

「うわ~JALめっちゃ並んでる…混んでるな~」と横目にスターフライヤーのカウンターに着いても、人がほとんどいないのが、鉄板の流れです。

とはいえ、何が起こるか分からないので1時間前には空港に着くようにしています。(余裕を持った行動を…!)

 

夏に現場が多いJr.担としては少し嬉しいポイントですね◎

 

ホテル① ビジネスホテル サン・モリシタ

ホテル サン・モリシタ - 宿泊予約は【じゃらんnet】

 

1泊:6150円(2018.8/10~11)
最寄り駅:森下駅(新宿線)(大江戸線)徒歩7~8分、両国駅(中央・総武線)徒歩20分
TDCまで:最短 約23分(新宿線~三田線乗り換えあり)

(個人的レビュー)

値段:
部屋の過ごしやすさ:
遠征に向いている度:
TDCに向いている度:

特徴

  • お盆でも圧倒的に安い
  • 会場まで乗り換えあり

 

1日目は、空港で待ち合わせた友人とホテル サン・モリシタで1泊!

お盆ということもあり、会場付近のホテルはかなり高いので少し離れたビジネスホテル。

 

”少し離れた”といっても、30分あれば余裕で着くので許容範囲です。

 

地方あるあるだと思うんですけど、電車で30分って、あまり遠いと思わないんですよね…

あと、東京の1駅分くらいだったら、時間と体力に余裕があれば平気で歩きます(笑)

 

正直、お盆でこの値段で泊まれるホテルはほとんどありません。

 

かなり古い…汚い…ということはなく、なにも文句のつけどころはありません。

 

ただ、TDCからは少し離れているので、コンサート期間がお盆じゃなければ、もっとTDCに近いホテルに泊まるなあ…と思います。

ホテル② カプセルホテル UNPLAN kagurazaka

UNPLAN Kagurazaka ホステルの使い方 | UNPLAN

 

1泊:4700円(2018.8/11~8/12)
最寄り駅:神楽坂駅(東西線)徒歩5分、飯田橋駅(中央・総武線)徒歩19分
TDCまで:最短 約20分(東西線~中央・総武線 乗り換えあり)

(個人的レビュー)

値段:
部屋の過ごしやすさ:
遠征に向いている度:
TDCに向いている度:

特徴

  • 朝食無料(ゆで卵やトーストなどの軽食)
  • 滞在者は8割外国人
  • 坂道があるので、キャリーケースの移動はイマイチ

1日目で合流した友達は日帰りだったので、私だけ東京に残り一人カプセルホテルへ。

 

カプセルホテルを知りたい方はこちらの記事を参考に◎

【東京】初めての一人遠征-おすすめはカプセルホテル地方に住んでいるオタクのみなさん、「一人遠征したいけど、どこに泊まればいいかわからない…」と遠征を断念したことはありませんか? ...

 

UNPLAN kagurazakaは滞在者の8割が外国人(体感)だったので、かなり異国感を味わえます。

 

正直なところ、カプセルホテルの良し悪しは他の滞在者によって変わります。

私が泊まった時は、ほとんどが外国の方で文化の違いもあり、共同のシャワーやトイレはあまりきれいな印象ではありませんでした(笑)

 

ただ、お盆・値段・会場の近さ を考えたら、このカプセルホテルが限界でした…。

もう少し予約が早ければ、もっと値段を抑えられたな…と反省しています。

 

また、駅からホテルまで坂道だったので、キャリーの移動は向いていません

 

遠征目的ではなく、別の目的(外国人と話したい など)であれば、このホテルは最適です。

まとめ

飛行機:お盆にしては安い

ホテル①サン・モリシタ:安い・TDCからは少し離れている

ホテル②UNPLAN kagurazaka:ほとんど外国人・坂道が多い

お盆にしては費用を抑えられたほうですが、4万6千円の出費は痛いです…。

 

ホテルの予約をもう少し早くすれば、おさえられたな…と反省しています。

 

ホテル・飛行機の予約は早めに!!

ABOUT ME
アカリ@オタク 兼 管理栄養士
アカリ@オタク 兼 管理栄養士
頑張るヲタクを応援する管理栄養士。 節約 × オタク × 自分磨き | 美意識高めたいヲタク | 楽天経済圏 | 遠征 | ❄︎ 突然ジャニーズに出会い、オタ活で貯金0から這い上がったオタクによる節約と自分磨きの話 ❄︎