収納・オタク

【現役ジャニヲタおすすめ】話題のSVBONY双眼鏡レビュー《ライブ・舞台・コンサートに必須》

オタクのみなさん、安い・推しの顔がばっちり見える双眼鏡をご存じですか?

『そんな双眼鏡、あるわけない』そんな声が聞こえてきそうですね…

 

実は、そんな双眼鏡が存在するんです!

 

その名も、SVBONY SV30

 

実はこの双眼鏡、ツイッターで一時期話題になったものです。
(※私が購入したのは、SV30

 

話題のSVBONY SV21

SVBONY SV21 双眼鏡 8倍

 

この記事では、実際に購入したオタクがSVBONY SV30の使用感をご紹介します。

SVBONY SV30 双眼鏡(8×32)

 

購入理由

 

SVBONY SV30

購入理由は、下記の3つです。

  • ツイッターで話題になっていた
  • 値段がお手頃
  • 口コミ・評価が良い

 

また、ツイッターで話題になっていたものはSV21ですが、私が購入したのはSV30

 

同シリーズの中でもSV30は、唯一 自動ピント調節機能がついています。

 

動き回るJr.の担当だったので、この機能は助かる…と思い、購入しました。

 

メリット・デメリット

SVBONY SV30を実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

メリット

・明るい

・画像が鮮明

・焦点(ピント)の自動調節

 

明るい

 

この双眼鏡、覗いてみるととっても明るいです!

コンサート中はふつう、照明が落ちて暗いですよね。

 

特にバラード調や、しっとりとした歌のときは、従来の双眼鏡を覗いてもただズームされただけでした(当たり前)。

 

しかし、このSVBONY SV30を覗くとびっくり!

 

照明が暗くても自担の汗までくっきり見えました。

 

正直口コミが良すぎて半信半疑でしたが、こんな双眼鏡あるんだ…と感動しましたね。

 

画像が鮮明

 

明るさだけでなく、画質も最高です。

ピントがぴったりと合っているため(自動調節)、自担の顔がくっきりと見えます。

 

焦点(ピント)の自動調節

 

舞台はステージが一つしかないのであまり必要がないかもしれませんが、コンサートは違います。

ツアーによっては3つのステージ、外周、トロッコがあるため、自担はひっきりなしに動いています。

そのたびにピントを調節するの、意外と煩わしいんですよね…(音楽と自担に集中したい)

 

しかし、この双眼鏡は焦点を自動で調節してくれるので、自担がどこに行こうと、ずーっとピントが合ったまま自担を追うことができます。

 

ただ双眼鏡を持っているだけで、コンサートに集中できるのも良いですね。

 

  • 明るい
  • 画像が鮮明
  • 焦点(ピント)の自動調節

SVBONY SV30は、この3点のメリットを兼ね備えつつ安いという、オタクに優しい双眼鏡です。

 

そんな最強な双眼鏡ですが、こんなデメリットがあります…。

デメリット

 

デメリット

・大きい

・重い

 

大きい

 

双眼鏡単体の写真だけでは伝わりにくかったかもしれませんが、この双眼鏡、かなり大きいです。

 

成人女性が実際に持つとこんな感じです。

 

また、ペンライトと私が今まで使っていた双眼鏡と比べてみました。

ご覧のように、かなり大きいことがわかります。

(私が今まで使っていた双眼鏡は、片手で持てる大きさで、少し小さめです)

重い

 

この双眼鏡、大きいだけでなく、重いです…。

まず、片手で持つのは無理です。

 

先日コンサートで使用しましたが、ずーっと双眼鏡を覗くのは、興奮していない限り無理だと思います。

普通の双眼鏡でも連続使用は腕を上げ続けるのがきつくて、あまりないですね(小声)

価格の妥当性

 

  • 明るい
  • 画像が鮮明
  • 焦点(ピント)の自動調節

 

この3つのメリットを兼ね備えつつ、5000円という双眼鏡は、なかなかないと思います。

 

また、首からかけれるストラップと、双眼鏡を入れるケースも付属しています◎

 

この双眼鏡、先ほども述べたように重いので、首からかけれるのはありがたいです(それでも重い)。

 

双眼鏡が大きいので、双眼鏡ケースももちろん大きいですが(笑)

 

こんなオタクにおすすめ

 

以上のメリット・デメリットを踏まえたうえで、SVBONY SV30を、こんなオタクにおすすめします!

  • 初めての双眼鏡
  • 防振にはまだ手を出せない
  • 近くの他メンより遠くの自担派
  • 推しのキャパがアリーナクラス程度
  • 推しが舞台班

 

価格がお手頃かつ高性能なので、初めての双眼鏡の方や防振には手を出せない方、特におすすめです!

 

また、推しのキャパがアリーナクラス程度のオタクには倍率もちょうどよく、もってこいの双眼鏡です。

 

ただ、コンサート中は立ちっぱなしなので、ずっと持つことはほぼ不可能です。

座っている現場=舞台には特におすすめです!

 

個人的評価

  • 価格 
  • 明るさ・鮮明さ 
  • 持ち運び 
  • 使いやすさ 
  • コンサート 
  • 舞台 

 

持ち運びはいまいちですが、防振にしろ、大きさ・重さはほとんど変わりません。

小さい防振が出るまで、この双眼鏡を使い続けようと思います。

会場ごとの使用感

 

双眼鏡の倍率は、~アリーナ規模の会場であれば、8倍で十分です。

”ドームはまだまだだわ…””うちの推しは舞台が多い”というオタク(Jr.担など)には、8倍がおすすめ◎

 

会場別の使用感を紹介しています。

購入してからの現場数が少なかったため、2会場しかありません。

随時追加していく予定です!

 

キャパ 1000人~

 

・東京ドームシティホール(TDCホール)(約2500人)

座席:第3バルコニー最前(青い印付近)

TDCは会場自体狭いので、双眼鏡を用いる場合は自担がメインステージ(メンステ)にいるときだけです。

(そもそも双眼鏡自体いらないことが多い)

 

しかし、デジチケなので、席がどこかわかりません。

推しをしっかりと見たい人は、双眼鏡の準備が必要です。

 

一応双眼鏡をもって言った矢先、TDCの3階席を引きました。

 

最前だったため遮るものがなく、視界自体は良好です。

しかし、3階は高さがあるためメンステまでの距離は結構あります。

 

SVBONY SV30のおかげで、MC中の自担の水筒事情までバッチリ見ることができました。

 

キャパ 10000人~

 

・マリンメッセ福岡(約15000人)

座席:アリーナ メンステ付近上手ブロック(赤い印)

 

マリンメッセは横アリや城ホとはちがい、長方形ではなく正方形の会場なので、メンステからバクステまでの距離はあまり長くありません。

 

とはいえアリーナ規模+デジチケなため、双眼鏡は必要。

 

座席はアリーナでしたが、バクステ、スタンドトロッコ(スタトロ)に自担がいるときは必須。

 

バクステはもちろん、反対側のスタトロでファンサ(しっかりハイタッチ)しているところまで見えました()。

 

番外編《裸眼で推しを鮮明に見る方法》

 

番外編ですが、こちらもツイッターで一時期話題になりました。

速攻ブルーベリー』を試したみたので、レビューします。

 

 

結論から言うと、想像以上に視界が鮮明でした。

 

試してみた会場は、新橋演舞場で、3階4列目です。

このときは、SVBONY SV30を持っていないため、以前の双眼鏡(紫のもの)でその日を過ごします。

 

『速攻』と書いてあるものの、効き目がどれくらいあるのかもわからず、とりあえず公演前に一粒。

 

その日の現場は舞台だったため、暗がりが多く眠たくなることが多い(ごめんなさい)のですが、公演前すでに眠たい状態。

早く効いて~と願いつつ公演が始まりましたが、20分後くらいには眠気はふっとび、視界が良い気がしました(信じる者は救われる)。

 

1幕終わるころには再び眠気が来る予感がしたので、幕間にもう一粒。

やっぱり、いつもより視界が良好な気がしました。

 

(私が単純かつ、現場でアドレナリンがばがば状態だった、ということもありますが、双眼鏡の配送が間に合わないときは、こちらを試してみるのもおすすめです!)

 

本当に『速攻』効くので、開演10~15分前に飲むことをおすすめします◎

まとめ

 

SVBONY SV30は、こんなオタクにおすすめです!

  • 初めての双眼鏡
  • 防振にはまだ手を出せない
  • 近くの他メンより遠くの自担派
  • 推しのキャパがアリーナクラス程度
  • 推しが舞台班

 

SVBONY SV30は持ち運びには欠けますが、価格・性能についてはピカイチです。

現場のお供に、おすすめです!

 


SVBONY SV30 (8×32)

 

オタク向けの節約・収納・オタクのテーマを中心に、ブログ記事やインスタを投稿しています!

是非チェックを◎

 

Instagram

オタクのハンドメイド動画や節約・収納を投稿中!

ABOUT ME
アカリ@オタク 兼 管理栄養士
アカリ@オタク 兼 管理栄養士
頑張るヲタクを応援する管理栄養士。 節約 × 収納 × オタク | ジャニヲタ収納術 | 楽天経済圏 | 遠征 | ❄︎ 楽天経済圏で生活するジャニヲタによる 節約・収納・オタク ブログ ❄︎