旅行

【初心者必見】機内の持ち込みから過ごし方まで!長時間フライトを快適に過ごす方法

長期間のお休みができると、やっぱり行くのは海外旅行!
せっかくのお休み、アジア圏を飛び出して、遠くに行きたいですよね。

 

長時間フライトきつそうだな…とヨーロッパ圏や北米地域への旅行を諦めていませんか?

 

実は、この記事で紹介する『長時間フライトを快適に過ごす方法』を実践すると、退屈なフライト時間も快適なひとときになります。

 

なぜなら、私も実践してフライト時間が快適だったおかげで、ニューヨーク到着後の観光も万全な体調で臨めたからです。

 

この記事では、長時間フライトを快適に過ごすポイントをご紹介します。

 

記事を読み終えると長時間フライトを難なく乗り越え、最高の状態で旅行を楽しむことができます。

 

 

長時間フライトのイメージ

 

エコノミークラスは座席間が狭いです。

そのため、

  • 寝れない
  • 体勢がきつい

このようなイメージを持つのではないでしょうか。

 

イメージ通り、長時間フライトはきつく、退屈です。

 

また、それだけでなく機内の室温・湿度は過ごしにくいです。

機内の環境

  • 乾燥している
  • 夏は肌寒く、冬は少し暑い

 

エコノミークラスの長時間フライトのイメージ・環境は最悪ですが、事前にしっかり準備をしておけば問題ありません!

 

ここからは、機内を快適に過ごすポイントをご紹介します。

 

機内を快適に過ごすポイント

 

ポイントは、5つあります。

しっかり睡眠をとるための環境を作る

血流をよくする

暇つぶし対策をフライト前から準備する

乾燥対策をする

調節できる服装にする

 

睡眠をとるための環境づくり

 

長時間フライトを乗り越えてやっと到着!なのに体はきつい…なんてことを避けるために、睡眠をとるための環境をしっかり作りましょう。

 

おすすめは、ネックピローです。

首がしっかりと固定されて、”起きた時に首が痛い”という事態を避けられます!

 

フード付きのものだと、アイマスクを持っていかなくて良いです◎

 

 

 

↑このネックピロー、吹き込み口が大きいので、とても膨らましやすいです!

(風船を膨らませることができない私でも、5秒ほどで全部膨らみました)

 

 

血流をよくする

 

ずっと同じ体勢で座っていると、”エコノミークラス症候群”を引き起こしかねません。

 

おすすめは、ふくらはぎを揉むことです。

 

一番は定期的に歩くことですが、窓側や真ん中の席だと、何度も出入りするのは難しいですよね。

 

そんなときは、ふくらはぎを揉みましょう。

 

第2の心臓と呼ばれるふくらはぎを揉むと、座って下にたまっていた血流を全身にめぐらせることができます。(=エコノミークラス症候群の回避!)

 

簡単なふくらはぎの揉み方

  1. 足を組む
  2. 上に乗せた足のふくらはぎを、下の足の膝にのせる
  3. グリグリとふくらはぎを膝でほぐす

 

 

暇つぶし対策を事前に準備

 

フライト時間が10時間以上になると、ずっと寝ているわけにもいきません。

機内食を食べるので、何度か起きているうちに眠れなくなった…ということも、あり得ます。

 

そんなときのために、フライト前から準備すると良いのは、動画視聴

 

実際に私が登録して良かったのは、この2つです。

 

YouTubeプレミアム

Amazonプライム

 

どちらも、初月無料(YouTubeは3ヶ月無料)で利用できます。

 

(Amazonプライムは帰国後、解約しました(笑))

 

YouTubeプレミアム

 

YouTubeプレミアムとは、YouTubeの有料会員のことです。

月額1550円(3か月無料)で、以下の3つが可能になります◎

 

  • 広告なし
  • オフライン再生 可能
  • バックグラウンド再生 可能

 

動画を一時保存すると、オフライン再生ができます。

 

オフライン再生だと再生回数に入らないんじゃ…

 

なんて心配はいりません!

オフライン再生でも、ネットワークに接続した際に、再生回数が反映されます◎

推しの動画の再生回数を稼ぎたいオタクにピッタリ!

 

上記の1550円は、iPhoneユーザーがアプリから加入した場合の料金です。

PC等のネットから加入すると、月額1180円で利用することができます◎

 

 

 

 

Amazonプライム

 

Amazonプライムとは、アマゾンの有料会員のことです。

月額500円(30日間無料)で以下のことが可能になります。

  • 対象の映画・ドラマ・アニメが見放題
  • 対象の本が読み放題
  • アマゾンで購入した商品を最短翌日に届く

 

実際に使ってみて、旅行中に良い!と感じたのは、以下の2つです。

最新の旅行雑誌が読める

今話題の鬼滅の刃も見放題

 

最新のるるぶが無料で読み放題です!

事前にダウンロードするため、現地でも見れます。

本を持っていく手間も省けるので、おすすめ!

 

また、プライム会員対象であれば、話題のアニメも見ることができます。

早速、話題の鬼滅の刃を機内で見ました!

(1話からとても切なくて泣いたのは、ここだけの話です)

 

気になっているアニメがある方は、ダウンロードをおすすめします!

 

 

書籍・動画を事前にダウンロードしておきましょう◎

 

 

 

動画視聴と合わせて用意しておきたいのが、スマホリング

機内で動画を見るときに、とても便利です。


このスマホリングは、iPhoneユーザーおなじみのiFaceが出しているもので、ツマミも全て360度回転します。

 

そのため、自由自在に、自分の好きな角度で動画を見ることができます。

 

また、スマホリングに指を入れたまま携帯をポケットに入れておけば、落ちることも盗られることもありません。

防犯対策にもなります◎

 

 

 

乾燥対策

 

機内の湿度は20%以下なため、砂漠並みです。

 

水分をこまめに摂りましょう。

 

また、マスクをしておけば顔の乾燥は防げますが、手はそう簡単にいきません。

このイソップのハンドクリームは、ほんのりレモンが香る、機内で塗っても嫌な顔はされない爽やかな香りです。

 

 

 

 

服装の調節

 

夏は寒くて冬は暖かいです。

到着する現地が寒いからと言って、着込むのはNG!

特に、ハイネックはおすすめしません。(私の体験談より)

 

夏のおすすめ服装

  • 半袖Tシャツ
  • 薄手のカーディガン or パーカー(UV加工のものだと現地でも着用可)

 

冬のおすすめ服装

  • 長袖Tシャツ
  • カーディガン
  • とにかく脱ぎ着できるもの

ニットワンピやヒートテックの重ね着をしてしまうと、その場で脱ぎ着できないため、おすすめしません。

 

夏、冬どちらも寒いときはブランケットを借りれるので、とにかく脱ぎ着できる服装にしましょう。

 

機内に持ち込むチェックリスト

 

機内に持ち込むものをまとめました。

これを参考に、持ち物をチェックしましょう◎

持ち物リスト

  • 貴重品
  • 携帯電話
  • イヤホン
  • マスク
  • ネックピロー
  • 充電器
  • 保湿製品
  • ハブラシ
  • マスク

 

まとめ

 

 

機内を快適に過ごすポイントは、以下の5つです。

 

しっかり睡眠をとるための環境を作る

ふくらはぎを揉む

動画を事前にダウンロードしておく

水分をこまめにとる

調節できる服装にする

 

しっかりと事前に対策しておけば、長時間フライトも怖くありません!

 

現地で最大限楽しむために、フライト時間を快適に過ごしましょう。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ABOUT ME
アカリ@オタク 兼 管理栄養士
アカリ@オタク 兼 管理栄養士
頑張るヲタクを応援する管理栄養士。 節約 × オタク × 自分磨き | 美意識高めたいヲタク | 楽天経済圏 | 遠征 | ❄︎ 突然ジャニーズに出会い、オタ活で貯金0から這い上がったオタクによる節約と自分磨きの話 ❄︎